車を買う?それともレンタカー?どちらがお得?

更新日:2017.12.11

車社会日本では多くの方が車を所有しています。しかし、車を所有しないでレンタルをする人が増えてきている昨今、購入するのとレンタル果たしてどちらが良いのでしょうか?購入か?レンタルか?決めるのはあなた次第です。

今後を考えると悩む…「車の購入」と「レンタル」

近年、車を所有しないでレンタルする人が増えてきています。レンタカー、カーシェアリング、カーリース等があり、貸出ステーションや貸出車種が増えてきたことから30万人以上が利用しているとも言われています。
ここで疑問なのが、自動車を購入するのとレンタルするのでは、どちらの方がお得なのかということですよね。自動車にかかるコストは馬鹿にならないので、できれば安く済ませたいところです。ここでは、どちらがお得なのか見比べてみましょう。

車の購入でかかるコストは?

自動車を購入した後に発生するランニングコストは税金、自動車保険料、車検費用、ガソリン代基本コストになりますが、さらに駐車場代、修理費用、その他の購入費がかかることもあります。車種、走行距離、利用状況等様々な要件から1年間のコストは差がありますが、最低でも
30万円はかかるとされています。
また、自動車の購入費を分割して上乗せするとコストは膨れ上がり、年間50万円以上の費用をかけている人も少なくはありません。まとめて支払うお金ではないのでスルーしがちですが、実際に計算をしてみると大きな金額になります。

レンタルでかかるコストは?

一口にレンタルと言ってもカーシェアリング、カーリース、レンタルがありますが、日常的に利用するならカーシェアリングかカーリースが良いとされています。

カーシェアリングは他の会員と共有で自動車に乗り、利用分だけの費用を支払います。カーリースは自分で選んだ自分だけの自動車に乗り、リース料金を支払いますが、リース期間満了日には返却します。カーシェアでは月額基本料と利用料金がかかり、カーリースリース料金がかかります。 いずれも利用料金の中に保険費用、税金、車検費用が込みになっているので購入時のようなコストは発生しないのがお得にみられる点でしょう。
1日だけレンタルするなら1万円かからない程度の場合も多くありますが、借りる頻度が多い場合は、結果としてかなり高いコストになってしまいます。年間を通してほとんど車にのらないという場合はレンタルの方がお得ですが、頻繁に使用する場合は考えなおした方が良いかもしれません。

お得なのはどっち!?

例えば、レンタル会社の料金システムによっても変わりますが、月のレンタル回数が多い場合や移動距離が長い場合はレンタルした方が高くついてしまう可能性もあるのです。日常的に利用するのか、利用時間はどのくらいか、乗りたい時にすぐ乗れるか、貸出ステーションが近場にあるか、好みの車種に乗りたいか等という点を参考に比較してみましょう。
また、前述したように、利用する頻度も大きく関係していきます。車を使いたいと思った時にすぐ乗りたいなら思い切って購入、そうでないならレンタル、という風に考えてもいいですね。