未来の技術、自動運転車とは?

更新日:

自動運転技術は、日々進化し続けています。まだまだ課題はありますが、2020年には東京オリンピックが開催されるため、もっと活発になると考えられます。

自動運転車の「レベル」

  1. レベル0(運転自動化なし)
    運転者が全ての運転操作を実施する
  2. レベル1(運転支援)
    システムが前後・左右いずれかの車両制御に係る運転操作の一部を行う
  3. レベル2(部分運転自動化)
    システムが前後・左右両方の車両制御に係る運転操作の一部を行う
  4. レベル3(条件付運転自動化)
    限定された条件のもとでシステムが全ての運転タスクを実施するが、緊急時等システムからの要請があれば運転者が操作を行う必要がある
  5. レベル4(高度運転自動化)
    限定された条件のもとでシステムが全ての運転タスクを実施するが、システムからの要請等に対する応答が不要となる
  6. レベル5(完全運転自動化)
    限定条件なしにシステムが全ての運転タスクを実施する

レベル0~2は、ドライバーの運転支援が必要不可欠です。レベル3以上になると、基本的な運転操作は全て自動で行われます。そのため、レベル3は自動運転の大きなポイントと言えます。

自動運転車はどうやって動くの?

自動運転車は、センサーやレーダーを頼りに走行します。

大まかな仕組みとして、GPSで現在の位置情報を確認します。その後、地図データと照らし合わせ、周囲の障害物や歩行者、隣に停まっている車をレーダーなどで確認し、回避することで、自動運転が成立します。センサーやレーダーの技術が進歩したことで、自動運転車が誕生したのです。

自動運転車によって訪れる未来とは?

「乗るだけで目的地に到着する車」が、少しずつ現実味を帯びてきました。しかし、法律が追いついておらず、公道で自動運転車を見ることは出来ません。世界各国で自動運転車の技術開発が進み続けているので、自動運転車が誕生するのは間違いありません。

実現すれば、友達や家族と車に乗って旅行へ行くときに、運転者の負担を気にする必要は無くなります。全員が疲れることなく楽しめれば、遠くへの旅行も楽しくなります。

車の運転の楽しさも残した安全なハイテク車の誕生に期待!

自動運転車でも、ドライバーが操作出来るように切り替えられるシステムが搭載されれば、車の運転が好きな人でも、自動運転車を購入する動機になるかもしれません。

仕事に行くときは、自動運転機能を使って通勤の負担を減らし、休日は自動運転機能をオフにし、ドライバーが操作する従来の車のように動けば、ドライバーにも使い分けが出来ます。

自動運転技術は、凄い速さで進化しています。10年後の車はどうなっているのか楽しみですね。