未来の技術、自動運転車とは(自動運転車特集)

更新日:

進化し続ける運転技術。自動運転での課題は数多くございますが、2020年東京オリンピックでの披露にあたり、活発化しています。

自動運転車には「レベル」がある

画像はLEADERS online参照、下記のレベルは自動運転ラボ参照

レベル0(運転自動化なし)
運転者が全ての運転操作を実施する
レベル1(運転支援)
システムが前後・左右いずれかの車両制御に係る運転操作の一部を行う
レベル2(部分運転自動化)
システムが前後・左右両方の車両制御に係る運転操作の一部を行う
レベル3(条件付運転自動化)
限定された条件のもとでシステムが全ての運転タスクを実施するが、緊急時などシステムからの要請があれば運転者が操作を行う必要がある
レベル4(高度運転自動化)
限定された条件のもとでシステムが全ての運転タスクを実施するが、システムからの要請などに対する応答が不要となる
レベル5(完全運転自動化)
限定条件なしにシステムが全ての運転タスクを実施する

レベル1やレベル2はドライバーが運転を支援する事となり、レベル3以上になると自動運転モードとなり運転操作はすべて車に車のシステムに委ねられます。つまり、レベル3はシステム主体となり、現段階では自動運転にとって大きなポイントとなる言えます。

自動運転車はどうやって動くの?

画像はロボスタ参照

自動運転車は、基本的にセンサーやレーダーを頼りに走行します。

大まかな仕組みとしては、GPSで現在の位置情報を確認し地図データに照らし合わせ、周囲の障害物や歩行者、また脇に停まっていたりする車をレーダーなどで確認し回避することで運転が成立しています。センサーやレーダーの進歩により、自動運転車が誕生したのです。

いつかはこんな未来がくるのかも…

画像はThe Liberty Web参照

昔、夢見ていた車として乗ったら目的地に何もしなくても行ってしまうというものがありましたが、今ではそれも夢ではなくなってきています。まだ法律がおいついていないため公道でそのような車を見ることはできませんが、世界各国で自動運転車の開発が進み進歩し続けているので、近い将来に誕生するのは間違いありません。

そうなると、友達や家族と車に乗って旅行に行くときに運転車に負担がかかってしまっていたのが、全くなくなることになります。旅行も全員が疲れることなく楽しむことができるのはいいですね。

車の運転の楽しさも残した安全なハイテク車の誕生に期待

画像は久留米工業大学参照

世界の人々の中には、車の運転が楽しみでドライブが趣味という方もおられます。なので自動運転車でもドライバーが操作できるように切り替えられるシステムを備えてあると、車好きの人でも自動運転車を購入する動機になるかもしれません。

仕事に行くときは自動運転機能を使い通勤の負担を減らし、休日は自動運転機能をオフにし、ドライバーが操作する従来の車のように動けばドライバーにも使い分けができます。

1年で車の発展はすごい速さで進んでいるので、10年後にはどうなっているのか楽しみですね。