窓ガラスがくもる時の対策と対処法

更新日:

気になるフロントガラスのくもり。その原因を認識し対策・対処法を知っておきましょう。

なぜすぐくもるの?窓ガラスがくもってしまう原因

自動車を安全に走行させて事故を防ぐためには、視界をできるだけクリアにしておくことが大切です。それゆえ、フロントガラスはいつでもきれいにしておきたいですが、ガラスがくもることが視界を悪くする原因となります。

なぜフロントガラスがくもるのか、その理由は外気と車内の気温差が大きいことや、車内の湿度が高いことが原因としてあげられます。このほかにも水分がタバコのヤニやほこりに付着してしまうなどもガラスをくもらせる原因となりますので、原因を取り除くための対策法をしっかりと知っておきましょう。

「デフロスター」を活用しよう

運転中にフロントガラスがくもってきた場合は、デフロスターを活用しましょう。

これはエアコン部分にある窓のマークに3本の波線がついたスイッチです。
この機能を使うとフロントガラスの下部から乾いた空気が出ますのでガラスを温めることができ、車内の湿気を取り除くにも役立ちます。

便利な機能ですが、長時間利用するとなるとバッテリーにも影響が出る場合もありますので、一時的な処置に活用することがおすすめです。

最近は後部のガラスにもデフロスターがついている場合もありますので、フロントガラス用と間違わないようにしましょう。

冬と夏での対策の違い

夏、冬の運転を快適にするに便利なエアコンですが、このエアコンの使い方でもくもり対策を行うことができます

まず冬の場合は、内気循環ばかり行っていると外気との気温差でガラスがくもりやすくなります。 タイヤの性能のとして、何かに突出したタイヤであっても他に弱点があるようでは効果的に機能しないという考えがあるからです。外気導入にすると車内の湿気を取り除くことができ、結露を抑えることができます。

そして夏の場合は、逆に外部の湿気を車内に取り込むことはくもりの原因となりますので、内気循環にしてくもりを防ぎましょう。この場合もエアコンがオンになっていない場合は湿気を取り除くことができませんので、エアコンのスイッチを入れておきましょう。

専用の商品も活用しよう

エアコンを作動させると最初はかえってガラスがくもってしまうこともありますが、そうした場合は窓を開けることで外気を一気に取り込むとくもりが解消されます。

そして、くもりを防ぐためにはガラスをきれいにしておくことも大事ですので、余計なほこりやヤニはきれいに取り除いておくことがおすすめです。
ガラス用の商品はいろいろな種類がありますが、くもり対策のガラスクリーナーやスプレーも便利ですので、こうした商品も対策として取り入れてみてはいかがでしょうか。

こうした商品は価格も低価格ですので、気軽に導入できるのもメリットです。