色々なタイヤがあるけどどのタイヤがおすすめ?

更新日:

タイヤも様々なメーカーがございます。果たしてどのメーカーが良いのでしょう?それそれの特徴をご紹介。

「ブリヂストン」と「YOKOHAMAタイヤ」の特徴

画像は、「株式会社ブリヂストン」「ヨコハマタイヤ」を参照しております。

「ブリヂストン」は、タイヤシェアで世界1の日本企業です。

ブリヂストンの特徴として

  • 高い技術力
  • ゴムの質の高さ
  • 数々の特許技術を使った性能のタイヤが多く存在すること

が挙げられます。

紫外線により、ゴム製品は劣化していくのですがブリヂストンはその劣化をゆっくりと進行させる技術で他のメーカーのタイヤより長く使えます。 そのためお値段は他のメーカーよりも少し高めですが運転時の安全を考えると納得できる値段です。

YOKOHAMAタイヤ」は、オレンジオイルの配合等の新たな技術で躍進を続けているタイヤメーカーです。

YOKOHAMAタイヤが力を入れているのは、雨の日のぬれた路面でのグリップ性能です。雨の日には晴れた日とは違いタイヤの溝に水が入るためブレーキの利きが普段より悪いという弱点がありました。 YOKOHAMAタイヤでは、弱点を克服し雨の日でも安全に運転できるタイヤを開発しました。 路面条件を考慮したタイヤを使うことで事故を未然に防ぐことができるのでタイヤを買う際には考慮したいものです。

「ダンロップ」と「TOYOTIRES」の特徴

画像は、「ダンロップタイヤ」「東洋ゴム工業株式会社」を参照しております。

「ダンロップ」は住友ゴムのタイヤブランドです。

ダンロップの特徴は、耐摩耗性を強化して低燃費のタイヤを販売している事です。

遠出をしたり、通勤で毎日使う方は燃費のことを考えるとダンロップのタイヤが有効です。 しかし、他のメーカーのタイヤより少し硬めのゴムを使用しているため劣化が早いので走行距離が少ない方には向かないタイヤです。

TOYOTIRES」は、ミニバンの専用タイヤで有名なメーカーです。

日本国内での販売ではなく、海外の販売に力を入れているメーカーでもあります。小中型欧州SUVの専用設計タイヤを販売するなど、専用のタイヤを作り販売することで他のタイヤメーカーとの差別化をしている会社です。

「ミシュラン」の特徴

画像は、「ミシュラン自動車タイヤ」を参照しております。

ブリヂストンに次ぐ世界2位のタイヤメーカーは、フランスの「ミシュラン」です。

ミシュランの特徴は、何かに突出したものを作るのではなくトータルバランスを重視したタイヤを作っていることです。 タイヤの性能のとして、何かに突出したタイヤであっても他に弱点があるようでは効果的に機能しないという考えがあるからです。 国内メーカーよりも摩耗に強いため、走行距離の長い方にお勧めです。

メーカーの特徴を知り、購入時の参考にしよう

タイヤメーカーそれぞれに特徴があり、天候や走行距離などによってメーカーを選出する参考になります。大切なのは自分の地域の天候や自分がどのくらいの走行距離を走っているのかをタイヤ購入時に調べておくことです。

もし、自分で選ぶことに自信がない方は販売店舗の店員さんに調べておいた条件を伝えるとそれにあったタイヤを教えてくれますので、気軽に相談してみることをおすすめします。