車の名義変更について

更新日:

自動車の名義変更手続きは、個人間での購入や譲渡によって車の名義が変わる場合だけではなく、家族の車を相続する場合などにも必要です。

車の名義変更に要する書類や手続きにかかる費用のほか、手続きの具体的な手順を確かめてみましょう。

車の名義変更に必要な書類

車の名義変更手続きでは、旧所有者の必要書類に限らず、新所有者の必要書類も揃えることが必須条件になっています。

販売店や代行業者に普通自動車の名義変更を任せる際には、旧所有者の印鑑証明書と委任状に加えて、譲渡証明書と車検証が欠かせません。

新所有者の必要書類においては、印鑑証明書と委任状のほか、自動車保管場所証明書が当てはまります。

普通自動車の名義変更手続きを自ら行うのであれば、必要書類に手数料納付書と申請書や、自動車税・自動車取得税申告書も含まれます。

これらの書類はいずれも新所有者の必要書類に該当しますが、名義変更の手続き当日に現地で用意をすれば問題はありません。

車の名義変更にかかる費用

普通自動車の名義変更を販売店や専門業者に依頼する場合には、依頼先にあわせて名義変更代行料などが発生します。

自分で名義変更を行う場合には、主に移転登録手数料や車庫証明書の取得費用がかかります。

さらに自動車取得税の負担があり得ますし、管轄転入でナンバーが変わる場合であればナンバープレート代も不可欠になるため注意が必要です。

名義変更の手続き方法

自ら普通自動車の名義変更を行う場合には、名義変更の必要書類と費用の準備から進めていきます。

こうした事前準備が完了したら、新所有者の自宅を管轄する運輸支局に足を運んで名義変更の手続きを始めます

旧所有者と新所有者の管轄が異なる際には、ナンバープレートの変更が欠かせないため、忘れることなく車を運輸支局に持ち込みましょう。

なお、軽自動車の名義変更では準備すべき必要書類が普通自動車とそもそも違う上に、自動車検査登録事務所での手続きを求められます。

名義変更当日の流れ

普通自動車の名義変更が可能な運輸支局の業務時間は平日に限られるため、手続きを申請する時期によっては待ち時間が長くなりかねません。

運輸支局に到着した後でも申請書類を作成できますが、事前に運輸支局で申請書類一式を入手しておく方法も推奨されています。

当日の主な流れは、必要書類と作成した申請書類を運輸支局の窓口で提出し、新しい車検証の交付を受けるといった流れになります。

交付を受けた車検証の内容を確認しつつ、続いて税申告窓口で納税を済ませれば基本的な名義変更の手続きは終わります。

ナンバーの変更を行うのなら、ナンバーの返却や新ナンバーの交付に加えて、ナンバーの封印といった手順も要するので気をつけましょう。

車の名義変更は、旧所有者と新所有者が必要書類を揃え、代行業者への依頼や運輸支局への申請といった手順で行う手続きが一般的です。

普通自動車と軽自動車では必要書類や名義変更を申請する窓口が変わるため、名義変更手続きの手順を事前にしっかり把握しておきましょう。