運転免許取得で必要な視力は

更新日:

運転免許の取得や更新時には、視力検査が必要不可欠となっています。

運転免許取得で求められる視力の合格基準に加えて、視力検査の方法や視力矯正の注意点を取り上げてみましょう。

運転免許取得における視力の合格基準とは

運転免許の取得や更新時には視力検査が実践されるものの、視力検査の合格基準は交付を受ける運転免許の種類に応じて異なります

大型・中型・準中型・けん引・二種といった運転免許では、両眼0.8以上のほか、片眼それぞれ0.5以上の視力が必要です。

これらの免許取得に限ると、深視力検査といった遠近感を検査の合格も必須になりますから、総じて厳しい合格基準が設定されています。

普通自動車の免許取得であれば、両眼0.7以上、尚且つ片眼それぞれ0.3以上の視力を備えるだけで問題ありません。

原付免許や小型特殊免許の視力検査では、両眼0.5以上の視力が合格基準として当てはまります。

ただし、いずれの運転免許であっても片眼が見えない場合には、視力だけでなく視野にも合格基準を設けられるので注意してください。

視力検査の方法について

視力を測定する検査方法はいくつか存在しますが、運転免許の取得や更新時に活用されている代表的な方法はランドルト環検査です。

Cのような形状を使うランドルト環検査は、丸の開いている箇所を順番に回答していくことで視力を測定する検査方法になっています。

名称としては聞き慣れないかもしれませんが、一般的な健康診断での視力検査において多く用いられている検査方法です。

なお、視力検査の合格基準に深視力が含まれる場合には、遠近感や距離感を測定できる三桿法という検査もあわせて受けなくてはいけません。

視力矯正をした上の検査

運転免許の視力検査は裸眼に限らず、眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正していてもそのまま受けられます

もちろん矯正後の視力が運転免許の合格基準を満たすときには、矯正前の視力が合格基準に達していなくても運転免許を取得できます。

しかし、眼鏡やコンタクトレンズを付けて視力検査を受ける場合には、事前に使用を申告する手順が必要となっています。

また、このように視力を矯正した状態で視力検査を合格すると、免許証に眼鏡等を使用しての免許証の交付であることが記載されるため、裸眼での運転は禁止となります。

ちなみに事前にレーシックを受けた上で視力検査を受けた場合には、眼鏡やコンタクトレンズを使わないので裸眼として扱われます。

免許取得後に視力を回復した場合

レーシックなどで裸眼の視力を回復しても、眼鏡やコンタクトレンズを使って視力検査に合格していた場合には裸眼で運転をしてはいけません。

視力が良くなり、眼鏡やコンタクトレンズが不要になった際には、運転免許センターや警察署で限定解除の申請を速やかに済ませましょう。

限定解除の手続きを完了した後であれば、レーシックを受けた後の裸眼で車を運転しても免許条件違反にはなりません

運転免許の取得に必要な視力は、交付を受ける運転免許の種類によって決まります。

視力検査では眼鏡やコンタクトレンズも使用できるので、準備を万全に整えた上で運転免許の視力検査を受けましょう。