クルマ好き!自動車関係の仕事

更新日:

自動車産業を取り巻く経済環境は大きく変わろうとしています。

若者世代、とりわけ都市部に住む若者はマイカーを持つのではなく、バスや電車といった公共交通機関の利用を好む傾向が強くなっています。

さらに、自動運転の自動車に見られるように自動車にもデジタル化の波が押し寄せています。

自動車関係の仕事に従事する人の定年が近づいて人材不足がこれからかなり深刻になると思われます。

このような社会背景も踏まえて、自動車関係の仕事にはどのようなものがあるか考えてみたいと思います。

自動車関連の仕事

自動車整備士

自動車に関する専門知識を持ち、乗用車だけでなく、バスやトラックなど様々な車を点検や修理をするエンジニアです。

車を安全に快適に乗るためには必要不可欠な仕事で、国家資格となっています。

一級、二級、三級、そして特殊整備士と分かれ、一級は高度な自動車の整備が可能とされています。

さらに、コンピュータ関連など最新技術を身につけたエンジニアは今後ますます求められるでしょう。

就職先としては、自動車メーカーや自動車部品メーカーが挙げられます。

毎日車を触っていたいクルマ好きな人にはぴったりです。

自動車車体整備士

事故などでダメージを受けた車の修理、整備をする仕事です。

故障したものを元の位置まで戻すため、高度な技術が求められます。

自動車デザイナー

自動車のデザインを行う仕事です。

メーカーが決定した自動車のコンセプトを基に、自動車をデザインしていきます。

ボディのデザインだけでなく、内装のデザインも手がけます。

時代のトレンドもおさえてお客さんに求められるデザインを提供していきます。

カーディーラー営業

自動車販売会社で接客をしながら自動車を売る仕事です。

自動車が好きであることはもちろんですが、お客様のニーズを聞き出し、ニーズにあった車を提供する力が求められます。

クルマ好きの人はクルマの良さをしっかりアピールすることができるでしょう。

タクシーやバスの運転手

タクシーやバスの運転手になるためには車種に応じた免許を取得する必要があります。

お客様を安全に快適に目的地まで運ぶだけでなく、お客様が車内で快適に過ごせるよう配慮する能力も求められます。

運送会社などのトラック運転手

荷物を目的地までトラックで運び届ける仕事です。長距離を走るドライバーも多いです。

レーシングカードライバー、メカニック

レーシングカードライバーはF1などのレースに出場するためレーシングカーに乗って運転する仕事です。

そして、メカニックはレーシングカーがトラブルなく最高のパフォーマンスができるように整備する仕事です。

働くことにおいても様々な選択肢がある現代で、働きながら好きなものに携われることはやはり人生の楽しみの一つではないでしょうか。

クルマ好きの方をはじめとして、自動車産業の発展に向けて多くの人材が増えることを期待しています。