話題のドローン免許取得ついて

更新日:

最近人気急上昇のハイテクマシンと言えばドローンですよね。

コントローラーを使って飛ばす事が出来るため、子どもの頃にラジコンのヘリコプターで遊んだ経験があるという方は懐かしいと感じるのではないでしょうか。

機種によってはスマホで操縦出来るタイプのものや、安価で手に入るものもあるため、出始めた頃に比べるとドローンはかなり身近な存在となってきています。

今回はそんなドローンの免許取得についてご紹介いたします。

ドローンの免許取得


ドローンは上空を飛ばすため、万が一操作を誤り、落下させてしまった場合、人や物に接触するという危険性があります。

そのため、国土交通省は「無人航空機(ドローン、ラジコン機等)の安全な飛行のためのガイドライン」というものを発行し、ドローンの飛行に関するルールを定めています。

国がルールを定めているという事は、運転免許証のようなものが必要になってくるのでは、と考える方も多いかと思いますが、実際はドローンを操縦するために免許は必要ありません。

現時点では国が定める安全基準をクリアしていれば、誰でも操縦して良いという事になっています。

ビジネスとして使われるドローン


ラジコンのように手元にあるコントローラーを使って上空を飛行させるため、ドローンをおもちゃのように捉える方も多いと思いますが、最近では様々なビジネスとして用いられいます。

例えば、ドローンを使って食べ物をデリバリーしたり、荷物を家まで届けるといったような宅配業界で注目されているというニュースをよく耳にします。

それ以外にもカメラ搭載のドローンを使って上空写真を撮ったり、住宅の屋根の破損状況を調べたりする事も出来ます

ドローン操縦に関する認定資格


このようにビジネスとして使われるようになったため、様々な民間団体がドローン操縦に関する認定資格を設けるようになりました。

ビジネスとしてドローンを利用するにあたって、お客様目線で考えると、資格を持っている人の方が安心して任せられますよね。

このような背景もあり、様々な民間団体が認定資格を設けるようになりました。

代表的な3つの認定資格をご紹介いたします。

1つ目はドローン検定協会です。
認定資格が1級~4級まで4段階のレベルに分けて用意されており、数字が小さいほど難易度がアップしていきます。

基本的に座学の筆記試験のみとなり、ドローン操縦の基礎知識から工学・気象学・航空力学・関連する法令などの様々な知識を問われます。

現在ドローンに関する資格として、ドローン検定協会による認定者数が業界1位となっており、人気の高さが伺えます。

2つ目は日本国内におけるドローン関連の初の民間団体であるJUIDA(ジュイダ)

全国各地に認定スクールがあり、JUIDAが定める科目を修了し申請手続きを行う事で「無人航空機操縦技能証明証」を交付してもらうことが出来ます。

3つ目は元々中国のドローンメーカーであり、世界中のドローン市場をリードするほど業界では大きな存在の会社であるDJIです。

DJIが独自の認定資格を設け、たくさんの人達にドローンの良さを知ってもらおうと普及に努めています。

実技試験と筆記試験を受け、教育プログラムを修了すると最終オンラインテストを受験する事が出来ます。これに合格すると晴れて認定証を受け取れます。

ドローンを操縦するにあたり取得が義務付けられているような免許はありません。

しかし、ドローンをより深く楽しみたいという方や、ビジネスとして利用したいという方向けに各種資格が設けられています。

ご興味がある方は、ぜひ取得を目指してみてはいかがでしょうか。