あおり運転をされたらどうする(対処法)

更新日:

危険運転の一種に分類されるあおり運転は、重大な交通事故につながる悪質かつ危険な行為です。

運転中にあおり運転をされた場合は、どのような対処法を用いるべきなのでしょうか?

あおり運転とは

前方に走行中の自動車や自動二輪、自転車に威嚇や嫌がらせを行い、交通の危険を生じさせる行為をあおり運転と呼びます。

車間距離を詰める行為や幅寄せに限らず、クラクションやパッシング、罵声を浴びせるなどの行為が繰り返し行われます。

あおり運転をする理由としては、割り込みによるクラクションの使用、急ブレーキや追い越しに加えて、低速走行などが多いと言われています。

合わせて、凶悪な脅迫や暴行といった犯罪行為も起きかねないため、あおり運転をされた場合にはくれぐれも注意しなければいけません。

ハザードランプでの対処法

加速や急停止であおり運転から逃れようとすると、大事故が起こり得るので、これらはあおり運転の対処法として望ましくありません。

あおり運転をされた場合にあおり返すと、発生要因や状況にかかわらず、自分も罪に問われてしまう可能性が高まります。

対処法のひとつとして、ハザードランプを点灯させてから徐々にスピードを落としてみるといったことが出来ます。

車道の中央ではなく路肩への停車を行い、後続車に追突されるリスクを避けることも重要なポイントに挙げられます。

警察への通報

車を路肩に一時停止してもあおり運転をしてきた相手が走り去らない場合には、車から降りずに警察へ通報してください。

ドアの全ロックを欠かさず確かめ、危険性が高い場合は、通報時に緊急性を伝えることも忘れてはいけません。

相手のナンバーや車種の記憶に注力し、たとえ車体が傷つけられたとしても会話をする事は避けましょう。

様々な対処法

現時点では、あおり運転をされた場合、一時停止であおり運転をする自動車から離れるといった対処法や、警察への通報が推奨されています。

また、あおり運転の被害をそもそも受けたくない場合には、ドライブレコーダーやステッカーの使用も大いに役立ちます。

しかし前提として、自動車を運転する際には思いやりを持ち、ゆずり合いの安全運転を心がけることが大切です。

正しい交通ルールを守りつつ、あおり運転や危険運転を自ら誘発しないように安全な速度と車間距離の維持に努めましょう。