若者の車離れ!なぜ?

更新日:

若年層が四輪自動車の所有を望まないことや、自動車に対して興味を示さなくなる傾向を若者の車離れと呼びます。

こうした若者の車離れが起きている理由として、一般的にどのような理由があげられているのでしょうか。

経済的問題による若者の車離れ

若者にとって、自動車の所有は経済的な負担が大きい場合もあり、気軽に所有を決断できるものではありません。

まず、自動車に乗るためには運転免許証が必要なので、前提として免許取得費用がかかります。また、自動車本体の購入費用に加えて、税金や車検代といった維持費の負担も避けることができません。

さらに事故の際に備えて、自賠責保険料の負担や任意保険も加入しておく必要があるでしょう。もちろん燃料代やメンテナンス費用、駐車場代なども発生します。

こうした様々な経済的な面の負担から、若者の車離れが進んでいると言われています。

便利なカーシェアリングの普及

廉価な料金で利用可能なカーシェアリングは、コストパフォーマンスを気にする若者にとって魅力的な選択肢のひとつです。

レンタカーの場合にはある程度の利用時間を求められますが、カーシェアリングにおいては15分単位で活用することもできます。日本国内でもカーシェアリングは普及してきており、若者一人当たりの自動車保有において、大きく関わってくると考えることができます。

自動車のない生活

電車やバスなどの公共交通機関の快適に利用できるようになり、目的に合わせて様々な移動手段を利用できるようになりました。インターネットを利用したサービスも豊富に見られます。

現代では自動車を運転できない場合でも、若者が生活に困るといった可能性は以前よりも大変低いのではないでしょうか。

ライフスタイルそのものの変化が、若者の車離れと強く結びついています

趣味の多様化

自動車の所有をステータスや憧れの対象として扱っていた時代には、必要性の有無はそれほど重視していませんでした。しかし現代では様々な趣味が流行しており、若者はものごとの必要性を見極めるようになってきています。

こうした趣味の多様化も若者の車離れを考える上で欠かせないポイントとなります。

経済的な負担、ライフスタイルや趣味の変化など様々な要因から、若者の車離れが進んでいます。時代の変化と共に、自動車の保有について一人一人が考えていく時代になっているのかもしれません。