高齢者の運転事故多発~両親を説得するためには~

更新日:

高齢者ドライバーの事故を減らすためには、周りの家族の協力も大切です。まずは家族全員で、出来ることからはじめてみましょう。

免許の自主返納へ向けて

公共交通機関のあまり発達していない地方に住む高齢者にとって、免許の返納により、車が利用出来なくなってしまうと買い物に行くのも一苦労です。

そのような地方に住む両親に「事故が怖いので、免許を返納してほしい」と伝えても、車を手放した後の不便さを考え、返納に踏み切ることが出来ない事があります。

自由に使える移動手段が限られてしまった高齢者が、車を使わず生活していくためには、家族が送迎するなどのサポートが必要です。

もし、高齢の両親が不便さを理由に免許の返納を躊躇している場合は、まずは一緒に免許返納後の生活について具体的に話し合ってみましょう。

たとえ車がない不便さを不安に感じたとしても、家族が協力してくれるのであれば、免許の返納に前向きな答えをくれるかもしれません。

また、今はかろうじて運転できていたとしても、数年経つとさらに身体の機能は衰えます。認知症になってしまい、免許を返納すべきかの判断自体ができなくなることも考えられます。

その前に、思い切って公共交通機関の充実した場所に引っ越すこともひとつの手段です。駅が近く、スーパーや病院、公共施設などが充実した場所であれば、車の必要性を感じることがなく、免許を返納しても安心して暮らせるようになるのではないでしょうか。

車の維持費を見直し

免許の返納を促すために、車の維持費を一度見直してみるのも良いでしょう。

車の代わりにタクシーを使うとなると、タクシー代で余計に費用がかかってしまうと考えてしまいがちです。けれども、もともと車の利用頻度が少ない場合、かえってタクシーを使った方が安く済みます

車検代、自動車税、駐車場代、ガソリン代など、車の維持費は大きな負担になることもあります。両親があまり車を使っていないようなら、改めて車の維持費を計算し、タクシーと比べてどちらが安く済むのかを伝えてみると良いでしょう。

両親への伝え方

車の運転は生活を豊かにするための手段です。あくまで両親が十分に納得したうえで、免許返納の手続きをする必要があります。

少子高齢化によって、高齢者の運転事故が多発しているのは事実です。しかしそれを理由に、無理矢理免許の返納を勧めても、かえって意地になり、逆効果となってしまうことがあります。あくまで、両親の気持ちに寄り添うことが大切です。

「事故を起こせば家族に迷惑がかかってしまう」などと自分の主観から訴えるだけでなく、「両親の今後の生活を良いものにしたい」と前向きな姿勢で考えていることも伝えてみてはいかがでしょうか。