【続】雪道では必須!タイヤチェーンの種類を解説

更新日:2018.03.12

前回、雪道でのチェーンの付け方についてお伝えいたしました。

さて、ここでは改めてチェンの種類とそれぞれの特性についてお伝えいたします。 特性を理解した上で、自分に合ったチェーンを選んでくださいね。

雪道の走行を安全に行うために…

タイヤは自動車の部品でも特に大切な部分ですから、良いものを選び、メンテナンスもしっかり行っておきたいところです。季節によっても路面の状態は変化しますが、特に寒い時期は雪が降り、スリップもしやすくなりますので、よりしっかりと対策を行っておくことが大切です。スタッドレスタイヤを冬の間に装着するという方法もありますが、高価になりがちですし、使用頻度があまり多くない場合は購入するかどうかは悩むところです。より手軽に雪道対策を行うのであれば、タイヤチェーンの利用も考えてみてはいかがでしょうか。

金属製のチェーン

タイヤチェーンとひとことで言っても、様々な種類があります。

まず、タイヤチェーンといえば金属製のものが古くから利用されていますが、こちらは安価で手に入ること、凍結路に強いというメリットがあります。

欠点としては、走行音が大きいこと、乗り心地が良くないということがあげられます。金属性ということもあり雪のない路面を走ると熱を持ちやすく、破損しやすい傾向にあります。はしごタイプ亀甲タイプがあり亀甲タイプはより横滑りもしにくくなっており、はしごタイプよりも乗り心地に優れています。購入の際はどのようなタイプかよく確認しておきましょう。

ゴムタイプ

チェーンは以前は金属製が使われることが多かったですが、最近では非金属性のチェーンもよく選ばれています。

最近の人気はゴムタイプで、スパイクのついているタイプです。このタイプのチェーンを選びメリットとしては雪道、乾燥路ともに静かに走行でき、振動も少なく乗り心地にも優れています。そして金属を使っていないこともあり熱を持ちにくく、大型車にも使いやすくなっています。

金属製のチェーンに比べると高価でたたんだときに収納スペースを取るという欠点はありますが、サイズや種類も豊富で選びやすいチェーンです。

布製のチェーン

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

金属を利用していないチェーンでは、布製のチェーンもあります。

まずこのタイプ選ぶメリットとしては、コンパクトで軽量であること、装着が容易にできることがあげられます。耐久性という面ではあまり優れておらず雪道にしか対応することはできません。あくまで緊急用のチェーンとなっており路面の状態によっては走行が難しくなる場合もあります。

価格については金属製やゴムのチェーンに比べるとやや安価になる傾向があります。

チェーンにも様々な種類があり、それぞれ得意としている部分、欠点などもありますのでよく比較して使いやすいものを選びましょう。